BRAND


「美味しいだけじゃダメかしら?」

 白河高原清流豚の三元交配はWBD種。畜産のキモとなる血統遺伝により、より最高の肉質で美味しい豚肉創りを目指します。

飼育日数は一般的な豚よりも長く、210日~240日かけてじっくり丁寧にのびのびと育てられます。

 

味と肉質の特徴

 さっぱりと爽やかな甘みのある脂と、しっかりと味のある赤身のバランスに優れています。赤身と脂のほどよい食感が、噛めば噛むほど旨味になり、またもう一口と幸せになります。

 

それが「白河高原清流豚」です。



「黒いダイヤモンド」

 その特徴的な容姿、もしくは黒豚と聞けばその美味しさは折り紙付き。取扱頂いている調理人さまには「やみつきの美味さ。黒い悪魔だ」とも、うならせるほど。

 厳選した血統造成と飼養衛生管理により、更なる高みを目指します。

 

味と肉質の特徴

 脂肪融点が低く、上質な舌触りを演出いたします。それでいながら、はじけるような脂の旨味は黒豚ならでは。繊維も筋間脂肪の入り具合も繊細なので歯切りよく肉そのものを楽しめます。

 圧倒的なその美味さをご堪能下さい。

 

それが「白河ブラック」です。

※一度の分娩頭数の少なさと、長期の飼育日数につき希少性がございますのでご検討のお客様は、お気軽にお問合せ下さい。



品種・品質について

・白河高原清流豚

 ラージホワイト・バークシャー・デュロックの三品種による三元交配豚で、強健な体質と優れた肉質など、各々の長所を供え持っています。

・白河黒豚  シラカワブラック

 バークシャー種であり、ならではの旨味を堪能できます。

 

豚肉には、ビタミンB1、リノレン酸、リノール酸、オレイン酸など現代人の健康に必要な栄養素を多く含んでいます。

白河高原清流豚は国産豚の標準値に対して、リノレン酸約1.8倍リノール酸は約1.2倍の含有量となっています。(当社調べ)